歯が抜けた時の対応法

診療室

歯が抜けてしまった時は、早急に対処する必要があります。山形で歯科医院を探す時はどのような歯科治療を受けるか考えます。歯が抜けたままでいますと、見た目も良くないですし、噛み合わせが悪くなり悪い影響が出てきます。歯が抜けた時の対処法として、入れ歯が考えられますが、入れ歯ですと咀嚼能力が著しく落ちてしまいます。入れ歯と異なり埋め込む形をとるインプラントは取り外しが不要です。ブリッジとは異なり両隣の健康な歯を削る必要もないメリットもあります。健康な歯を削る必要はないということは、残っている歯を守ることを意味します。インプラントは一本一本独立しているので、他の歯を削る必要がないです。インプラントは咀嚼能力が優れているというメリットもあります。

どのようなメリットがあるか考える

インプラント

インプラントによって自分の歯と同程度の噛む力を戻すことができます。自分の歯と同じ感覚で噛めるメリットが、インプラントにはあります。咀嚼を保つ意味はとても大きいです。咀嚼が良いと、骨が痩せるのを防げます。歯を失ってしまいますと、咀嚼による刺激が骨に伝わらないです。そのため骨が少しずつ痩せていってしまいます。山形の歯科医院でインプラント治療をする時は、治療期間を考えます。インプラント治療はブリッジと比べて長い特徴があります。通常は4ヶ月から半年くらいかかります。インプラント骨と結合するまでの期間が必要なため、このぐらいの治療期間がかかります。歯科治療をする時は治療のイメージを持ち、治療期間がどのくらいかを想定するのが大切です。

その種類の違いなどを意識する

診療室

インプラントの種類は様々です。ネジがあるタイプと、ないタイプがあります。山形でインプラント治療を受ける時は、様々なことを想定します。この治療のトラブルの6割ぐらいは、ネジの緩みやネジの破損から発生するといわれています。こうしたトラブルを防止するには、ネジのないタイプを選ぶと良いです。インプラントの施術はスムーズに行う必要があり、麻酔が効いている間に終わらせる必要があります。山形で歯科医院を選ぶ時は、スムーズな施術が可能な技術力が高いところを上手く選ぶと良いです。インプラントは生体との相性がいいので、安心して埋め込むことができます。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯茎の健康維持に努めていく必要があります。歯科医院で治療を受ける時は、治療後のメンテナンスのイメージを持つのが大切です。定期的に歯科医院に通う必要もあるので、治療後の通院のイメージを持つのも重要です。

広告募集中